#544 タグを中心にした知識の構築   #Piggydb Blog     #コラム     タグフラグメント     7 years ago (owner) Document
なんとか正式版のV5.0をリリースするところまで持ってこれました。この5.0で導入したタグフラグメント#454)について、混乱している方も多いと思いますので、ここで改めてその意図について説明してみたいと思います。
Piggydbは、いろいろな情報を入力しつつ、それらを「つながり」や「タグ」によって柔軟に整理することができる、情報管理システムです。Piggydbという名前から想像できるように、ある程度形式が定まったデータベースとして利用される方が圧倒的に多いようです。
しかし、このデータベース的用途とは異なる、Piggydbの真の目的があります。それは、あらゆる角度でつながりを作ることによって、発想を刺激し、新しいアイデアの発見を促す、より創造的なツールになることです。
整理法などの本を読むと分かりますが、情報を探しやすくするために情報を分類・整理することは、あまり費用対効果が高い作業ではありません。情報の量と種類が多くなればなるほど、管理が難しくなります。探すことにフォーカスするのであれば、高度な検索機能があれば事足ります。とりあえず何でも保存しておいて、あとから検索すればいいわけです。実際にそのようなツールは沢山あって、それらの機能は信じられないほど高度になっています。
Piggydbでは、もうちょっと情報を形作る部分にフォーカスしようと考えました。そこで、つながりやらタグやらを持ち込んだのですが、、、当初はあんまり深く考えていなかった部分もあり、いろいろと思い通りに行かない部分が出てきました。その一つがタグです。
タグは、いわゆるフォルダ的なカテゴリー分類よりも柔軟な分類手段です。私も当初は疑いなくタグが有用なものだと思ってPiggydbに導入しました。ところが、やはりというか「分類」というのは鬼門でした。データベースが大きくなるにつれて、分類の体系を維持するのが難しくなることに気づきました。何故なら、利用者自身が学習によってよりよい分類方法を発見するからです。そうなった場合、過去のタギングをさかのぼって修正するのは容易ではありません。
結果的に、軽はずみにタグを使うのは良くないな、と考えるようになったわけですが、その一方で、情報を蓄積・整理していく過程で、重要になっていく情報を浮き立たせる手段として、タグが使えるのではないか、という考えがありました。
タグを使わずに、フラグメントとつながりだけで情報を構成していると、情報収集の中心となっているフラグメントがあることに気づきます。それらのタイトルは、自分がフォーカスしている問題だったり、重要なコンセプトを表していたりします。こういったフラグメントを後からタグに変換して、もっと広範囲の情報を収集したり、表示したりできるようにすれば良いのではないかと考えるに至りました。
今までのタギングというのは、コンテンツの中から適当にキーワードをピックアップしたり、自分が知っているカテゴリーの中から選択する、というのが一般的だったのではないかと思います。タグを付ける際、後々どのようなキーワードでその情報を特定できれば便利だろうかと考えるわけですが、Piggydbの利用方法が探索的になればなるほど、その予想は外れる、あるいは利用者自身の成長によってタグツリーが陳腐化してしまう可能性が高くなります。
そこで、タグの役割を少し変えてみて、データベースの中から自然発生的に現れるタグ、あるいは利用者のフォーカスを表すためのタグという形にシフトさせたらどうなるだろう、というのが今回導入されたタグフラグメントで実験しようとしていることです。
と、長々とタグフラグメント導入の経緯を書いてきましたが、この考え方が必ずしも多くの人に受け入れられているわけではなく、実際には反対意見も多くて、いろいろと議論も行われました。私自身もこの方法を取り入れてから日が浅いので、必ずうまく行くという保証は出来ませんが、良い感触は得ています。なにより、Piggydbの真のゴールである「創造的なツール」を目指すためには、失敗を恐れずにいろいろと試行錯誤していくしかありません。
 
  • → + #545 創造的なツールには魅力的なUI、ビジュアルも必要ではないか   #要望     7 years ago (magician) Document
  • → #547 つながりの意味とランダムビュー   7 years ago (magician) Document
  • → #548 Piggydbを操作すること、それ自体が今以上に楽しくなりますように   #要望     7 years ago (magician) Document
  • → #549 ユーザの成長は表裏一体   7 years ago (magician) Document
  • → #550 タグフラグメント化と既存のつながり   7 years ago (magician) Document
  • → + #551 トップダウン式のインデックスタグと、ボトムアップ式のエッセンスタグの使い分け   7 years ago (magician) Document
  • → + #826 まずはとことんツナガリだけで構造化してみよう   5 years ago (magician) Document
  • + #832 ゆるやかなタグと重み付けされたタグフラグメントの差異と区別   5 years ago (magician) Document