親方向のつながり

お久しぶりです。
早速ですが、つながりの子孫のフラグメントから親に簡単にたどり着けるようになりませんでしょうか?
子孫の方向は[+]アイコンで次々と開いていけるのですが、親の方向にはその機能がありません。
例えば、タグパレットの「守破離」という語に興味をおぼえてクリックすると、758, 757, 752が抽出されます。
そこで、758がどんな流れで書かれたフラグメントかを知ろうとすると、752, 746, 744, 743, 741, 740, 737, 736, 735と遡って、タグフラグメントKJ法」にたどり着きます。
ページ移動が10回必要です。
外野が話の発端を知りたがっている訳ですが、個人的な利用でも連想のつながりがのびていった後でそもそもどんな思い付きから連想が広がってきたのかを振り返りたいという需要があるかと思います。
どうぞ、親方向のつながりにも光を当ててやってください。

luisさん、どうもお久しぶりです。そしてフィードバック有難うございます。
親子間の移動、とくに親への移動が今の機能だと不便ですよね。これは、次のメジャーバージョン(7.x)のテーマに含まれてまして、そこで改善する予定です。その機能が実装できれば、データベースがネットワーク構造である意味が少しは出てくるかなと思います。

luisさん、お久しぶりです。しばらく、ご無沙汰しておりましたmagicianです。
親方向へのつながりがたどりやすくなったら、それはとても良い改良ですね。現在の私のPiggydbは、ネットワーク性を重視して、双方向つながりが基本となっていますが、この改良が行われれば、つながりの方向性をもっと楽しめるようになりますね。
つながりがつけられた両側のフラグメントのタイムスタンプの更新機能、の追加も期待しております。
それでは、次のメジャーバージョンアップを楽しみにしています。

luisさん、お久しぶりです。しばらく、ご無沙汰しておりましたmagicianです。
親方向へのつながりがたどりやすくなったら、それはとても良い改良ですね。現在の私のPiggydbは、ネットワーク性を重視して、双方向つながりが基本となっていますが、この改良が行われれば、つながりの方向性をもっと楽しめるようになりますね。
つながりがつけられた両側のフラグメントのタイムスタンプの更新機能、の追加も期待しております。
それでは、次のメジャーバージョンアップを楽しみにしています。