camiです。
なるほど!
私の中では、強い相関がタグフラグメントで、弱い相関が繋がり、という扱いでした。
本来のコンセプトでは逆なんですね。
タグフラグメントシステムは後発ですし、使い方が確立しているわけでもなく、フラグメントタグフラグメントに「昇格する」という感覚がありました。
どれにも密接に関係している中心となる要素、というイメージが強かったんでしょう。
タギングで弱くグループ分けしておいて、そこから繋がりを見いだすというのは、はっきりしていてわかりやすいですね。
弱くグループ分けするときは、目次になるフラグメントを作ってそこにぶらさげる、という使い方をしていました。
最終的にはその形になるのかもしれませんが、タグフラグメントで仲介させるのは良さそうです。
私の現行のやり方には特にこだわりがあるわけではないですし(使い方が固定されないことがPiggydbの利点)、少しそちらで試してみたいと思います。

camiさん、どうもです。
強い相関がタグフラグメントで、弱い相関が繋がり
普通のフラグメントがつながり(隣接関係)しか持てないのに対して、タグフラグメントタグでもあり、フラグメントでもあるわけですので、つながり(隣接関係)とタギング(包摂関係)という二種類の関係を同時に持てることが大事です。二重になっていることが、ある意味混乱の元になったりしているのですが、この二重性をどう使うかが面白いところかなと思います。
フラグメントタグフラグメントに「昇格する」
Piggydb的には、普通のフラグメントタグフラグメントに昇格させる、という展開の方がむしろ自然かもしれませんね。先ほどの話は、初めから研究したいテーマが決まっているような場合ですが、行き先がはっきりと決まっていない場合は、集めたフラグメントの中から、さらに掘り下げたいフラグメント(大体はタイトルが名詞だったりします)をタグフラグメントに変換して、より広い情報を関連付けられるようにします。
使い方が固定されないことがPiggydbの利点
これが最も重要な原則ですね!
このようなPiggydb的知識構築法なるものを、いずれは腰をすえて書こうと思っていたのですが、これは結構いい機会かもしれませんね、、、

→ ...

こんにちは、camiです。
ちょっぴりお久しぶりです。
dev8までいただきました。
いいですね!画面切り換えが減って、すごく使いやすくなりました。
まさに欲しかった機能って感じです。
Webアプリケーション特有の編集の手間が軽減されること、地味ながら重要なファクターだと思います。
現在は、前回のやりとりをふまえ、データ整理方法を色々試しているところです。
Piggydbの明確なビジョンが決まっていないとのことですが、ここまで機能が充実してくると、Piggydbを使ったPiggydbの構想が楽になってきますね。
繋がりやタグフラグメントを駆使し、輪郭を浮き彫りしていき、実装する、あたかも自己進化プログラムのような豚さん…。
今は都合により、コメントしにくい状態にあるのですが、進化を続けるPiggydb、これからも応援しております。
熱中症に気をつけて、お体を大事にしてくださいね!